2022年04月27日

めぐり逢った石で作ったセンスアップするアシンメトリーなピアス


めぐり逢った石で作ったセンスアップするアシンメトリーなピアス

こちらのアシンメトリーデザイン(左右非対称)のジュエリーはオーダーメイドピアスです。

今回は、「お客様ご自身が探しめぐり逢った宝石を、身に着けられるジュエリーに。」というお話。

ご相談は、グラフィックデザインや、映画製作に関わったりと多方面にお仕事をされている40代のお客様。
1階カフェの常連のお客様で2階のアトリエにもお立ち寄りくださいました。

お持ちになったのは、「グレースピネル(GRAY SPINEL)」。
淡い紫とグレーが混ざり合う魅力的な色彩を放っています。
閃きやインスピレーションを与えてくれる石だそうです。

めぐり逢った石で作ったセンスアップするアシンメトリーなピアス

「自分自身をグッとセンスアップするピアスにしたい。」
というご希望を受け、いつも軽やかでスタイリッシュなお客様が、より自由に魅力的に楽しめるよう・・・、

ストーンが一石ということもあり、
ベースになるシンプルなゴールドのペアのピアスと、
取り外しが可能な片耳ピアスチャームのアシンメトリーな組み合わせをいくつかご提案させていただきました。

スラッとした長身のお客様には、大ぶりなデザインがお似合いになると思いましたので、長さのあるインパクトのあるデザイン画を意識してお描きしました。
その中で最もシンプルなカーブのデザインを気に入っていただきました。
長さ、カーブなど、お客様のお顔の輪郭に合わせてさらにつめていきます。

めぐり逢った石で作ったセンスアップするアシンメトリーなピアス

こちらがお作りした片耳ピアスチャーム。

めぐり逢った石で作ったセンスアップするアシンメトリーなピアス

コーディネートは、ゴールドのピアスだけでも・・・

めぐり逢った石で作ったセンスアップするアシンメトリーなピアス

左右どちらかにグレースピネルのピアスチャームをプラスしていただくことも出来ます。

めぐり逢った石で作ったセンスアップするアシンメトリーなピアス

ポイントは、光が360度入るように耳たぶの下にレイアウトしているところ。
お客様のピアスホールと耳たぶの厚さにあわせて制作、フィッティングをしながら細かく調整していきました。

お手持ちの他のピアス(例えばフープピアスなど)に着けたりも出来ます。
遊び心がつまったゴールドのアシンメトリーピアス。
石の色彩が光煌めくミステリアスな雰囲気になりました。

ピンときた石をジュエリーに仕立て身に着けて、センスアップとともに気持ちもグッとあげる。素敵な楽しみ方ですね。
プライベートがより輝き、お仕事がさらに順調にいきますように・・・

コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー 橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp







posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【order PIERCES】

2022年03月21日

止まっていた時計。再び動き出した時間・・・


止まっていた時計。再び動き出した時間・・・

今回は、時計のお話です。

子供のころの懐かしい想い出を現在のライフスタイルに丁寧に取り入れられているお客様。
以前、小学生の時のお祖母様との想い出をリングにリメイクされた50代のミセスです。
>「小学生の時にもらったおばあちゃんのリングをリメイク」


「実家を整理していた時に出てきました。
長年止まっている時計をもう一度動かすことは出来ますか。」
とそっと見せていただいたのが冒頭の可愛らしい腕時計。

お客様が小学1年生の時、ピアノレッスンに通うためにお父様が買ってくれた初めての腕時計だそうです。

時計は手巻き式でしたので、まずは機械を分解し、オーバーホールしました。
機械がたいへん古く代替えのパーツがありませんので、
既存のパーツに手を入れお直しし、機械の洗浄後油をさし直し、丁寧にメンテナンスしていきます。

そして・・・、
なんと、再び時を刻みはじめました!

次に、現在のお客様が着けられるようベルトをお探しします。
当時は、赤いビニールベルトがついていたそう。
今回は、「革以外のベルトでリングと一緒に着けられるように」
とリクエストがありましたので、黒色でナイロン製のものをお選びしました。

止まっていた時計。再び動き出した時間・・・

お父様は残念ながら3年前に亡くなられたそうですが、
「お彼岸の時期に時計が元気になって戻り、父も喜んでいると思います。」
とおっしゃっていただきました。

そして、受験で一度は諦められた習われていたピアノを、
子育てが落ち着いた最近また始めているとのこと。

こんなエピソードも教えてくださいました。
「買ってもらったばかりの時、ずっとつけていたかったけれど、ピアノを弾く時はそっとピアノの高音のすみっこのスペースに置いていたんでした。黒ベルトで大人顔になった時計もピアノにぴったりです。」

お父様との想い出も蘇り、ピアノ演奏という止まっていた時間も再び動き出したのですね。

止まっていた時計。再び動き出した時間・・・

なかなか難しい場合も多いですが、
止まっている古い腕時計、このように動くケースもありますので、
ジュエリーのご相談とあわせて、お気軽にどうぞ。

コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー 橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp







posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【修理・メンテナンス】

2022年02月24日

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリングA【デザイン編】


「光と影の魔術師」といわれた画家・レンブラントの生地、オランダ・ライデンご出身の男性様からエンゲージリングのご相談。
サプライズ企画です。

マーキーズのオールドカットダイヤを選ばれたところまでが前回。
今回はデザインのお話です。

個性的なマーキーズカット、静謐な光を湛えるオールドカットダイヤが最大限に美しく映えるリングデザインを考えていきます。

ふかんして、光をあらゆる角度から取り込むことが出来るようシンプルな構造体を意識しました。
そして、0.651ctの大きなダイヤを包み込むフレームは、その存在感に合わせて最適なバランスに。
仕上げは、ダイヤとの陰翳を考えて、抑えめに一部ヘアラインマットを入れました。
「光と影」でストーリーを紡いだレンブラント。男性様のこだわりのリングにもそのアートテーマを取り入れたことで、ドラマティックな雰囲気を表現できていると思います。

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング

最後にリング内側の刻印。
おふたりの日本滞在予定は今年の5月まで、日本在住の記念に刻印はカタカナで。
というリクエストにお応えして・・・

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング

ご納品は無事終わり・・・、
数日後、メールと写真が送られてきました。
岩手県安比高原にて、とびきり嬉しそうな笑顔の女性様のお姿。

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング

サプライズ、大成功!ですね。
13年目からの新たなスタートは輝かしく、いつまでも仲良くお幸せに・・・。

コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー 橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp







posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【結婚指輪&婚約指輪】

2022年02月06日

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング@【ダイヤモンド編】


自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング

1階カフェを以前からご利用くださっていたオランダ・ライデンご出身の男性様。
お仕事で日本にいらして2年半になられます。

ある日、2階のコンセプト ジュエリーワークスへ来られて、
「12年間お付き合いしてきた女性にエンゲージリングを贈りたい。
銀座のショップを何店か見てきたが、心が動くデザインに出逢えず・・・、
オリジナリティあふれるリングは作れますか。」
とご相談をいただきました。

当店のこれまでの事例をいくつかご覧いただき、ご希望のデザインやイメージについてお話ししていましたら、ぐんぐんとオーダーメイド意欲が高まってこられました。
そして、サプライズプロポーズ企画も・・・。

サプライズとなりますと、第一の関門はお相手の指サイズ。
「女性様のいつも着けているリングの内側をこっそりメモに映してきて欲しい。」とお願いしました。
いただいたのがこちらのメモ。
(男性陣の“こっそりサイズ探偵”の色んな作戦は、いつも楽しいですね。)

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング

そして、いよいよメインアクターのダイヤ選びです。
オリジナリティを重視して、マーキーズのブリリアントカットとオールドカットをメインに数種類ご提案いたしました。

カット面が多く華やかに光るブリリアントカット。
カット面が少なく静かに穏やかに光るオールドカット。

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング

「永年、時間を共に過ごしてきた私たちには、落ち着いた光がぴったりです。」
と、少しイエローがかった暖かい雰囲気のマーキーズカットのオールドカットダイヤを選ばれました。
男性様こだわりの「光」に巡り逢えた瞬間でした。

ご出身のライデンは、「光と影の魔術師」といわれた画家・レンブラントの生地。
電灯が発明されるずっと前の時代の、陰翳の中のほの暗い光の表現がたいへん美しいレンブラントですが、男性様の選ばれたオールドカットダイヤの静謐な光と重なるような思いを抱きました。

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング
「瞑想する哲学者」1632

光の性格も様々です。こだわりのピース、個性的な光を放つオールドカットダイヤがどんなアートデザインをまとうのか・・・
サプライズ企画の物語は後半に続きます。
<続く>

【デザイナー 橋本志織のダイヤ一口メモ】

自然が創り出したアートを冠するエンゲージリング

一般的には、エンゲージリングといえばラウンドブリリアントカットが主流ですが、他の選択肢もあります。
ダイヤモンドは形、色合い、カッティングから多様に選ぶことが出来ます。
世界にひとつしかない個性的なダイヤは、自然が創り出したアート。お客様にとって理想のアートピースに出逢っていただきたいと願っています。
そして、理想のダイヤに巡り逢うのもまたオーダーメイドジュエリーの魅力のひとつです。
素敵な出逢いをお手伝いさせていただきますのでご相談くださいませ。


コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー 橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp








posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【結婚指輪&婚約指輪】

2022年01月11日

エメラルドグリーンの光が溢れるオーダーメイドのエメラルドリング


エメラルドグリーンの光が溢れるオーダーメイドのエメラルドリング

2022年1話目のstory of works.

お母様から数点のジュエリーを数年前に譲り受け、ミモレで紹介されていた当店のジュエリーリメイクのブログをきっかけに、ご相談くださいました。
(「mi-mollet(ミモレ)」は、スタイリスト大草直子さんが編集長をされているwebマガジン)

「私のもっているジュエリーがダイヤ中心で、あわせて楽しめたり、普段使いもできる色石のリングが欲しい。」というご希望。
中でもこのエメラルドリングは、お母様が大切にされていたこともあり特別な存在とのことでした。

こちらが加工前のリング。
エメラルドグリーンの光が溢れるオーダーメイドのエメラルドリング

デザインのご希望は、
「マリッジリングやエタニティリングと重ね着けしたい。左右の薬指に着けられるようにしたい。リングがまわっても痛くない作りに。」とイメージを教えてくださいました。

お持ちのハイブランドやデザイン性のあるジュエリーと、どのように組み合わせても楽しめるように、エレガントで品のあるデザインをご提案。

取り巻きから一列にすっきりとダイヤをエタニティに、
また、フクリン留めしたエメラルドを浮かせることによって、他のリングと重ね着けした時に隙間が生まれないような構造に工夫しました。結果、光がたくさん入りエメラルドに透明感が増しさらに明るく見えるように。

エメラルドグリーンの光が溢れるオーダーメイドのエメラルドリング

お母様にも見せてあげたい、そして、いつかお嬢様へとおっしゃっていました。
世代を超えて愛される特別なジュエリーになりますよう願っております。

エメラルドグリーンの光が溢れるオーダーメイドのエメラルドリング

クレオパトラも魅了したエメラルド。
透明感溢れるエメラルドグリーンの光は、古来より人々に健康や幸運をもたらしたといわれています。いつの時代も美しいものにはパワーがあるのですね。

皆さまにとって2022年がキラキラと光溢れる年になりますように。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー 橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp









posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【order RING】

2021年12月25日

もっと自由に。違いを楽しもう!


もっと自由に。違いを楽しもう!

もっと自由に。違いを楽しもう!

女性様は中国、男性様はグリーンランド(デンマーク)出身のおふたり。
ヴィンテージやアンティークの雰囲気のあるマリッジリングをお探しの中、コンセプト ジュエリーワークスの過去の作品に興味を持っていただきご来店くださいました。

「自分達の好きなデザインが違うため、なかなか欲しいマリッジリングが見つからず、オーダーメイドでそれぞれ好きなデザインで作りたい。」ということに。

具体的には、
「一般的なマリッジリングよりは太めで、ゴールドでテクスチャをお互い変えたい。」というご希望。

女性様のリングは、深めのタガネ彫りが煌めく大胆で華やかな雰囲気に。
男性様は、ヘアラインマットを浅くランダムに入れクールな印象にしました。

まるでおふたりの人柄を映し出すような佇まいになりました。


皆さま
本年もコンセプト ジュエリーワークスをご愛顧いただき誠にありがとうございました。

窮屈で不安な毎日が続きましたが、皆さまにとってどんな2021年でしたでしょうか。
私は、「世界や多様性」を強く感じる一年でした。
新型コロナ、オリンピック・パラリンピック・・・

私たちのお店はカフェが併設されていることもあり、いつもは外国の方のご来店が多いのですが、今年はめっきり減ってしまいました。

「食文化が違うことがとても多いです。」
と微笑みながらお話しされる今回のおふたりは、
生まれ故郷の距離や言語、文化の違いを超え、色んな事を許容して包容し支え合っておいでで、とても素敵に感じました。

2022年はどんな一年になるのでしょうか。
感染症とのつきあいも続きますし、またオリンピックも開催されますね。

この一年の経験や感じた事、そして今回のおふたりのご様子を振り返り、
私たちは、
「もっと自由に、違いを楽しもう。」
ということを胸に、色んな価値観を持った方との出会いに期待を膨らませ、ワクワクしながらオーダーメイドのご提案をさせていただきたいな、と思っています。

皆さま、どうぞ良い年をお迎えくださいませ。
2022年は1月4日(火)11時より始めさせていただきます。

コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー 橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp









posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【結婚指輪&婚約指輪】

2021年11月30日

小学生の時にもらったおばあちゃんのリングをリメイク


小学生の時にもらったおばあちゃんのリングをリメイク

デザイナーの橋本 志織です。
ジュエリーのリメイク・リフォームのきっかけは皆さん、それぞれです。
ライフステージ・好みのファッションの変化や、ご家族・友人の紹介・・・、
今回のお客様はある方のブログ(ミモレ mi-mollet)をみて、ふと思いつきご相談にいらっしゃいました。

お客様は大きな黒い石がついたリングを取り出し、
「これは、私が小学生の時にもらった大好きなおばあちゃんのリングなんです。」
以来、ずっと宝箱にしまっておいて、お祖母様との思い出と一緒に大切にされてきたそうです。

それがこちらのリングです。
小学生の時にもらったおばあちゃんのリングをリメイク

「このリングが似合う年齢になったら、デザインを変えて使いたい。」と思い続け、今回タイミングを感じいらしたとのことです。

マナー講師などをされているお客様から色々なお話を楽しくお聞かせいただいて、
リングデザインは、黒い石を縦から横にし、カジュアルな印象に大変身。
石を囲むフレームは、普段使いできるようにシンプルに、
リングは現在のファッションにあうようゴールドで細目のアーム、テクスチャはマット仕上げにしました。

小学生の時にもらったおばあちゃんのリングをリメイク

内側の刻印は、お母様とご相談され、
お祖母様が名づけ親だったと聞き、ご自分のお名前を入れることに。
40年以上の時を経て、お祖母様のお孫さんへの想いがそっと刻まれることになりました。

小学生の時にもらったおばあちゃんのリングをリメイク

ご納品後、メッセージをいただきました。
「あの日からずっとリングと一緒に過ごしています。
お彼岸のお墓参りに行って、祖母にそっと見せてきました。
守られているような・・・、志織さんとの出逢いに感謝です。」

小学生の時にもらったおばあちゃんのリングをリメイク

「いつかまた使えるようにしたい・・・。」
と思いながらなかなかきっかけをつかめないものですよね。
どこに相談したらよいか、わからない方もいらっしゃると思います。
どんなことでもお気軽にご相談ください。素敵な思い出と一緒に・・・。

コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー
橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp









posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【order RING】

2021年10月31日

石の向きを変えて楽しめるアートなデザインのペンダントトップ


石の向きを変えて楽しめるアートなデザインのペンダントトップ

お洋服を生地からご自分で作ったり、生活を楽しまれている50代ミセスのお客様。

20年前にお母様より譲り受け、眠ったままになっていたリングをお持ちになり、リメイクのご相談です。
お父様がお母様へ、婚約の記念にプレゼントされたもので、
小さい頃お母様が着けていた姿が記憶にある思い出のリングだそう。

石の向きを変えて楽しめるアートなデザインのペンダントトップ

お父様の想いを大切にしたい。と今回リメイクをすることに。
ご希望は、
色んな洋服にあわせられて、お嬢様も着けられるようペンダントで。
デザインのリクエストは、左右非対称のユニークなデザインで、普段使いできるようにということでした。

何点かご提案した中で、
鮮やかなブルーの石を軽やかにアートに楽しめるよう細いゴールドのフレームとワイヤーで構成。
そして、可動できるバーで石をタテにもナナメにも出来るデザインを気に入ってくださいました。

石の向きを変えて楽しめるアートなデザインのペンダントトップ

サイドからみても絵になるように、また、光が入り煌めきが増すように石を覆わない構造にしました。

石の向きを変えて楽しめるアートなデザインのペンダントトップ

ゴールドのチョーカーやレザーコードに付け替えて、時には雰囲気をがらりと変えて楽しんでいただけます。

石の向きを変えて楽しめるアートなデザインのペンダントトップ

石の向きを変えて楽しめるアートなデザインのペンダントトップ

ご自分で作られたお洋服に、リメイクした個性的なペンダント。
石の向きやチェーンの種類や長さを変えられるのでお嬢様も楽しんで着けられます。

娘さんやお孫さんが楽しんでいる様子をみて、お父様もきっと喜ばれますね。

コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー
橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp









posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【order PENDANT】

2021年09月30日

エタニティのマリッジリングに重ね着けするダイヤリングで毎日を元気に


エタニティのマリッジリングに重ね着けするダイヤリングで毎日を元気に

ご近所にお住まいの40代ミセス。
マリッジリングとエンゲージリングは、女性の憧れハリー・ウィンストン。

ダイヤモンドの煌めきが大好き、というお客様。
これまでもダイヤのブレスレットの長さ調整などいくつか修理をさせていただきました。
今回は、「毎日着けるマリッジリングに重ね着け出来るダイヤリングを」
というご相談。

トップクオリティのダイヤモンドがエタニティに施されたマリッジリングにどのようなリングをあわせるか・・・、悩みどころです。

ジュエリーボックスから、しばらく眠ってしまっていたスリーストーンネックレスを発見。
全部で1キャラットになる大きさです。

フルエタニティのマリッジリングに重ね着けするダイヤリングで毎日を元気に

心なしかライトイエローなダイヤがチャーミング。
思いきって横に並べてリングにすることをご提案。

いったん石を外し、新たにフレームで囲み、ひっかからないような留め方に。
指のサイズがとても細かったこともあり、ストーンの間の支柱を取り払い指の上に微かに浮くデザインに。

エタニティのマリッジリングに重ね着けするダイヤリングで毎日を元気に

ストレートラインで他のリングと重ね着けしても間があくことがない構造。
一番のリクエストの「華奢な仕上がり」を意識して職人と打ち合わせを重ねました。

エタニティのマリッジリングに重ね着けするダイヤリングで毎日を元気に

眠っていたネックレスがリングに生まれ変わって、これからは毎日、お客様と一緒に・・・。
微かなライトイエローのダイヤがエタニティのダイヤたちとの競演で、ますますお客様を元気づけてくれることでしょう。

コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー
橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp









posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【order RING】

2021年08月31日

お祖母様の26年間の想いを受け継ぐサファイアリング


お祖母様の26年間の想いを受け継ぐサファイアリング

背がすらりと高く、お仕事で着られるスーツやワンピースはセミオーダーで、というこだわりのある40代ミセスからのご相談。

お祖母様の形見分けの際、こちらのクラシカルなサファイアリングは、お祖母様ととても仲がよかったお孫様であるお客様が譲り受けることになりました。

お祖母様の26年間の想いを受け継ぐサファイアリング

お祖母様が亡くなられてから分かったとの事ですが、このリングは26年前の1995年1月、阪神・淡路大震災の日に購入した記録が残っているリングだそう。
お祖母様の想いがこめられたリングをお仕事でもプライベートでも大切に身に着けたいとう事でオーダーメイドをお考えになりました。

とても素敵な色あいのサファイアは、枠から外すと新たな発見がありました。
26年間リングの枠で隠れていて想像もつきませんでしたが、キューレットが中央ではなく左右非対称でした。
この個性的なカタチを生かして、サファイアを表裏360度まるごと楽しむことが出来るデザインにしました。
そうすることで光もたくさん入り、より煌めくようになりました。

お祖母様の26年間の想いを受け継ぐサファイアリング

全体のフォルムは、お客様のセミオーダーの紺や黒の素敵なスーツに合うよう、エレガントでモダンなイメージでお作りさせていただきました。
新たなリングの内側には、お客様にとって縁起の良い数字を刻んでよりパーソナルなリングになりました。

お祖母様の26年間の想いを受け継ぐサファイアリング

お祖母様が願われたであろう平穏と安定の想いがお孫様の日常に引き継がれ、キラキラとお守りのような大切な存在になることを祈っております。

コンセプト ジュエリーワークス
デザイナー
橋本 志織


-Advanced Style ご提案します-
[お問い合わせ・ご予約]
03-5708-5043
www.concept-jw.jp









posted by CONCEPT JEWELRY WORKS at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【order RING】